子供と一緒に読みたい絵本3

「100万回生きたねこ」

生死を繰り返し、100万回も死んで、100万回も生きたねこは100万人の人がそのねこをかわいがりました。時には王様に飼われ、時には女の子に飼われ、みんなその死を悲しみました。でもねこは一度も泣きませんでした。

「なんでだろう?」

「死んじゃうことって、お別れすることって悲しいよね?」

「ねこは悲しくなかったのかな?」

もやもやとした気持ちを抱えながら、絵本は後半に進んでいきます。

ある時ねこは大切なものに出合います。ねこはその大切なものを失った時、初めて泣きます。そして、死んだあとそのねこは生き返ることはありませんでした。

「なぜ生き返ることはなかったのだろう?」

自分だけの素敵な答えを見つける絵本です!

読み終わった後、もやもやとした気持ちは消えません。それはこの絵本の中に答えがないからです。子供と一緒に考えて、自分だけの素敵な答えを見つけてください。

子供と一緒に読みたい絵本2

「どんどこ ももんちゃん」

小さなももんちゃんが元気いっぱいに走る!

おむつ一枚のももんちゃんが原っぱを駆け抜け、橋を渡り、ときには動物と闘いながら、一生懸命走る姿がとてもかわいらしい絵本です。

「どんどこ どんどこ」の言葉がたくさん出てきます。この「どんどこ」をどんなふうに読んで、子供の気持ちを高め、盛り上げていくか、読み手の腕の見せ所です。

優しい文章ですから小さなお子さんにお勧めです。

ラストはかわいい姿を見せてくれます!

元気にたくましくかけてきたももんちゃんが最後のページで見せる姿は、自分の子供の姿と重なり、読んでいる私もとても温かい気持ちにさせられました。

子供と一緒に読みたい絵本

「バムとケロのさむいあさ」

「バムとケロ」の人気シリーズの中から、私のお勧めは「バムとケロのさむいあさ」です。

「めちゃくちゃなケロちゃんとそれを受け止めるママのようなバム」

まずは「バムとケロ」のシリーズを知らない人のために、簡単な紹介をさせていただきます。しっかり者の犬のバムと何も考えていない(?)カエルのケロちゃんが買い物に行ったり、おじいちゃんの家に遊びに行ったり、時には普段の日常であったりをやさしいお母さんの様なバムの視点で描いた絵本です。

「見ているだけでも楽しくなる絵本」

「バムとケロ」のシリーズは、温かみのある絵やおしゃれな道具がたくさん出てきます。絵を見ているだけでも楽しくなってくる絵本です。寒い日に、ほんわりと温かみのある絵と物語をお子さんといっしょに楽しんでいただきたい!

 


バムとケロのさむいあさ [ 島田ゆか ]