中学生に読んでほしい本2

「一瞬の風になれ」

第28回吉川英治文学賞、2007年本屋大賞を受賞した作品です。

全3巻でその構成は、第1巻「イチニツイテ」、第2巻「ヨウイ」、第3巻「ドン」となっています。何となく内容がわかってもらえたのではないでしょうか?

 

スプリント競技に青春をかける主人公たち

この本は、神奈川県の陸上部を舞台にした高校生の物語です。ターミネーター的な体力と精神力の持ち主で主人公の「新二」が、精神力は弱いけれど天才的なスプリンターで、友人でありライバルでもある「連」や陸上部の先生や先輩・仲間たちと、競技を通じて成長していく姿が描かれています。

爽やかで軽やかな文章と登場人物たち

いわゆる「スポ根」的な熱く、ギラギラしたものではなく、爽やかで軽やかな文章で、読み始めると最後まで一気に読み進められます。部活をやっていた私としては、こんなにも「部活って楽しかったか?」と思ってしまうのですが、そこは目をつむりましょう。

また、登場する先生や先輩、仲間、ライバル達も魅力的で、子供たちにはスポーツを通じて、この本のような友人・仲間たちと素晴らしい学校生活を送ってほしいと思いました。

濃密でスピード感あふれるスプリンターの世界

本全体に流れる軽快な雰囲気から一転して、競技直前の描写は、迷い、揺れる主人公の気持ちが丁寧に、濃密に描かれています。しかし、スタートの合図とともに、濃密な空気がはじけ、一気にスピード感あふれるスプリンターの世界に引き込まれていきます。

全3巻は少し長いと思う方もいるかもしれませんが、優しく軽やかな文章はそんなことを感じさせません。スポーツの好きな子供にはぜひ読んでほしい一冊です。


一瞬の風になれ(第1部) イチニツイテ (講談社文庫) [ 佐藤多佳子 ]


一瞬の風になれ(第2部) ヨウイ (講談社文庫) [ 佐藤多佳子 ]


一瞬の風になれ(第3部) ドン (講談社文庫) [ 佐藤多佳子 ]